東京では保育士不足が問題となっている

今では小さい子どものいる女性の多くが仕事をしていますが、会社で働いている間は子どもを保育園に預ける必要があります。しかし東京などの大都市圏を中心に保育園の数が不足しているために、子どもを保育園に預けることが出来ずに止むを得ず仕事を辞める女性も沢山いるのです。地方であればけっこう空きのある保育園もあるのですが、東京は日本の中心都市であり沢山の人が住んでいます。


また東京は家賃が高いので、夫婦が共に働かなければなかなか生活することが出来ないのです。

そういったこともあって子どもを保育園に預ける女性が多いために、その数が足りなくなってしまい社会問題化しているのです。
ただ最近では保育園の数が足りないと言うよりも、保育士の数が足りないために保育園を開園出来ないケースが増えています。


保育士は重労働な割りには給料が他業種に比べて驚くほど安いので、この仕事をしたいと思っても経済的な問題から諦めてしまう人が多いのです。

そこで最近では保育士の数を増やすために、給料を上げるための努力を国などが積極的に行っています。

それによって保育士の数は徐々に増えてはいるのですが、子どもを預ける女性の数も年々増えているので保育園が足りない状態が続いているのです。

東京の保育士求人の情報をあなたにご紹介いたします。

この問題はとても深刻で一つの自治体が行うには限界があるので、国が率先的に動く必要があります。

もちろん国も手をこまねいている分けではないのですが、対応が遅れているとの指摘も多くあります。

東京都の保育士情報サイトはこちら

ですから保育士不足の問題については、もっと迅速な対応が求められています。