ケアマネの求人について

「ケアマネ」とは、一般的に「ケアマネージャー」と呼ばれています。

正式名称は、「介護支援専門員」です。
介護保険で要支援・要介護になった方が適切な介護サービスを受けられるように、介護計画を立てる専門職です。

デイサービスやデイケア、訪問介護などを利用したいと思った際、相談に乗ってくれて、あらゆる手配や申込みの手続きを行います。介護サービスが必要になった際に、その人に適したサービスを紹介してもらい、医療との連携などあらゆるサポートをします。
ケアマネージャーになるためには、介護支援専門員実務研修受講試験に合格したうえで、実務研修を修了することが必須となります。


その後は、各都道府県の名簿に登録を行って、介護支援専門員証の交付を受けることで、資格を取得できます。



国家資格ですが、標準的なレベルで、難関な資格ではありません。仕事を持ちながら、資格を取得可能です。

ケアマネネージャーの求人は、居宅介護支援事業所や在宅介護支援センター、特別養護老人ホームや介護老人保健施設などの施設、区市町村の福祉事務所などの行政が応募しています。



高齢化社会が進んでいく、今日、ケアマネネージャーの需要は多く、求人件数もどんどんと増えています。

又、応募する方も多いので、求人倍数は高いので、研修時代にしっかりと学ぶ必要があります。

経験と知識はもちろんのこと、その方や家族の方とのコミュニケーション、家族構成、性格なども把握して、対応する必要があります。しかし、大変、やりがいのある仕事です。